【ペニス増大特化】ボルギア3は組織・細胞を強化し一気に突出!

ボルギア3のペニス増大構造を読み取って
どのようにペニス増大に至るか、どんな特徴があるのか
協力を得て解析しました。

そのサプリによってペニスがどうやって増大するかという説明は公式宣伝ページに絶対あった方がいいです。
スペックが良くても、説得力に欠けるし、

ペニス増大サプリについて詳しければ、言っている事の真偽がわかると言います。

ボルギア3の増大構造

ボルギア3の構造のメインは
ペニス増大細胞を増殖し増大させ、血管を拡張・血流量をアップさせ
ペニスの基盤である靭帯を強化し、
全てを根幹から一気に突出させる
とあります。

細かくは3つのポイントがあり

  1. kozo01
    海綿体内の細胞自体を増殖し増大させ、肉厚強化しペニス組織を増幅化
  2. kozo02
    更に血管拡張、血流量を大幅に増やし、勃起の持続力や硬さを飛躍的にアップ。
  3. kozo03
    その強化されたペニス組織を根幹から一気に突出させる事で、限界サイズを超えた角度のついた強靭なペニスへ

細胞自体の強化は近年のペニス増大構造の主流で、ペニス増大の工程では初期段階に相当し、最も重要だがこの段階を強化(特化)させる事は難しいとされてきた。
しかし時代が進み細胞科学が進化してきた故、徐々に効率よく強化できてきているのであろう。
細胞強化は即効性や効果力、効率など全ての要素をレベルアップさせると言われている。

血管拡張・血流量アップはペニス増大構造の最終工程とも言われ、
ペニス増大サプリであればどれもこの工程を経る事になる。

しかしベルタミンやゼナフィリン、ベファイン等の近年の高スペックのサプリは、
増大構造がオリジナル血流量アップが途中経過で、もう1つポイントを持っている事が多い。

ボルギア3の場合は細胞増殖し血流量を増やし、
完成されたペニス組織を根幹から突出させるというもの。
要はペニスの根幹に集中させ一気に増大させるという事か。

その他は強靭な硬さを持った20cm超えというのをアピールしてのると
年齢を問わず万人に効果を追求したって点をアピールしてるな。
今後、良いものはスペック自体にさほどの差はなくなってくるだろうから
いかに「万人に高い効果が出るか」ってところがポイントになるんじゃないか。
ボルギア3は構造もそうだけど、それを成分100種超えと質や配合等の技術で追い求める感じがする。

これまでのものと比べ最高クラス

最近の高スペックサプリと見比べると
2016年上半期発売された、今でも人気の高いベルタミンの「細胞活性」の要素を持って、
またベファインが特化していた「根元・基盤強化」の要素を持って
独自にペニス増大に特化させている。

veltamin
ベルタミンと比べた時、3タイプというのは同じだが、
ベルタミンは成分を必要なものを60種に絞って強化したが
スペック的には100種超えているボルギア3の方が格上となるので、
ベルタミン以上に期待値は高くなる。
成分解析でも触れるけど、
3タイプの場合、相乗作用力によって全体的な効果力を高める
って話で、成分が多い方が相乗作用力が高まるとされてるからなおさらだろうな。

vefine

ベファインとはスペック自体は3タイプ、100種で同じだが
ベファインは増大特化要素はなく基盤強化特化であり、即効性は低い。(代わりに数か月経過してからの増大率が高い)
またボルギア3とは発売から約3年の差があり、成分質や配合技術、構造などに差が出るだろう。

全ての面においてレベルアップ

解析した結果からは
細胞強化してる事で全要素がレベルアップ
根元強化も働いて、即効性、増大効率は飛躍的にアップしていると推測される。
最近の3タイプより確実にスペックを上げ効果も上をいくだろう。
そのうち、もしかしたらベルタミンやベファインの上位版と位置付けられるかもしれないな。

次はボルギア3の構造を構成する成分に着目する。

■最安公式購入ページへのリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. maik より:

    以前ベファイン使ってました。
    4ヶ月やってラストの2か月で+2cmいきました。

    ボルギア3はスペックが同じということは
    簡単に言うとベファインの進化版と考えればいいんでしょうか?

    1. ボルギア3挑戦者 より:

      3type+100種という基本スペック自体は同じですが、
      新しさが違うので、構造や成分質等も違います。
      ベファインの増大効率、即効性、効力が上がったバージョンと言えるかもです。

コメントを残す


CAPTCHA